アスター株式会社・Astir(静岡県浜松市)/ 精密部品洗浄・水素炉、電気炉真空、高温処理等

HOME > アスターブログ

バングラ電気事情と世界の人口

2010/10/12 |

124.jpg

 

バングラの電気事情ですがあまりよくありません。写真はお客さんの事務所で打ち合わせしているのですが停電で、ろうそくに火で手打ち合わせしていま す。(フラッシュをたいてしまったので明るく見えますが) 高級ホテルは停電でも自家発電ですぐ復旧しますが安いホテルにとまると1時間停電ということは よくあります。

今世界で人口一億人以上の国が10ヶ国あります。ちなみに多い順から行くと中国、インド、アメリカ、インドネシア、ブラジ ル、パキスタン、バングラデシュ、ナイジェリア、ロシア、日本という順序でバングラデシュは世界7位にはいる人口大国といえます。人口が多いということは 単純にあらゆる消費が多くビジネスにおける可能性が大きくあるということではないでしょうか?

バングラデシュは何をするにも大変な国だと思います。しかしどこの国に行っても思うのはビジネスというのは人間対人間がやることで一番大事であるのは信頼関係とあきらめない気持ちであると思います。

世 界どこでも人を騙す人間、どうしようもない人間は必ずいます。実際私も何回も騙された経験があります。貧しければ貧しいほど何とか金を取ってやろうと思う 人間が多くなるのは当たり前だと思います。しかしその中でもすべてが悪い人間ではないだろうということと、信頼できる人間の方が多いと信じながらこの国で ビックドリームをつかんでいきたいと思い今回のバングラ紀行は終わります。

いつも沢山の方たちが私のへたなブログをみていただき大変感謝しております。私のブログを見て何か質問とかアドバイスなどいただければ幸いです。

この渋滞を見てください

2010/10/10 |

123.jpg

今日はお客さんのところへam11時のアポイントでホテルを10時過ぎに出ました。少し余裕を持って出たのですが現地に着いたのがpm2時30分。なんと4時間以上も車に乗っていました。お客さんも待っていてくれてそれから食事、打ち合わせに入りました。

このようなことは日常茶番劇で到底日本人の様にきちきちした性格の人は恐らくノイローゼになるのではないかと思います。私も社員も慣れているので、またかという感じで車のシートを倒して寝てみたり外の写真を撮ってみたり、しかし実際にはかなり苦痛です。
もっとひどいのはようやく目的地に着いたら担当者が風邪で休んで会えなかったという場合もありまた渋滞に巻き込まれてホテルに帰ったことも何度もあります。
なかなか時間通り行かないのがバングラです。

今日はホテルで夕食をとっていると日本人の方に会いました。大阪から来ている人でバングラは二回目だそうです。この人もこの国でこれからビッグビジネスを展開していく構想をもっていて色々な話をしました。
お互い異国の地で頑張ろうと励ましあいまた再会を約束しました。彼の成功を祈っています。

バングラデシュ事情

2010/10/08 |

バングラの教育制度ですがご存知の方はおられますか?私は初めて聞きましたが昨今日本と同じように6.3.3(小学校、中学校、高校)となったようです。 以前は6.5.2(小学校、高校、最後の二年の呼び方は解りません)であったようです。日本との違いを説明します。6,3,3制度は日本と同じなのですが 義務教育は小学校の6年だけ、面白いのは女の子がもし、進学を希望して中学、高校へいけば授業料はたださらに国からお金もくれるとのことです。何故かと聞 きましたら昔は貧しくて学校に行けない子供が沢山いて、女の子は12歳、13歳で結婚していく子が沢山いたそうです。それでは教育が遅れるということで進 学意欲のある女子に対してはこのように援助しているとのことです。非常にいい制度だと思いませんか。

次に驚いたことはこのひどい交通事情 の中でシートベルトをしないと罰金だという法律ができ、携帯電話運転もいけない、もちろん飲酒運転もいけないということになっているのですが見ているとほ とんどの人がシートベルトはしていなく、携帯電話運転は当たり前、飲酒運転を取り締まれば交通渋滞で大変なことになるのでほとんどの人が検挙されたことが ないみたいです。不思議な国です。もっとも飲酒運転の方はお酒を飲む人が少ないのでそれほど心配はないのではないかと思います。

面白かっ たのは今日の昼間に渋滞に巻き込まれお客さんのところへ行くのに遅れそうなので近道するには右折禁止のところを右に曲がっていくと近いということになり一 緒に同行したこちらのバングラ人が何を思ったのか右折禁止のところで交通整理をしている警察官に近づき話をしているので、何を話しているのか聞いてみたと ころ、警察官に我々は急いでいるので右折させてくれと頼んだそうです。もちろん断られました。しかし彼が言うのに時々OKしてくれるので頼んでみたそうで す。
想像がつきますでしょうか?

ダッカにいます。

2010/10/08 |

121.jpg

今週の火曜日からバンコク経由でバングラデシュの首都ダッカに入りました。4か月ぶりのダッカですが街の雰囲気、車の渋滞、街の臭いは変わらず、むしろ以 前より活気を帯びているのではないかと感じます。何回か来ているせいで違和感はなく、ほっとしている気もします。同行した弊社のT社員も同じように感じた らしく日本で営業しているみたいだと言っていました。

今回は主に繊維関係の仕事できました。繊維関係に興味のある方のために少し状況をお 話しさせていただきます。昨今の糸値の値上がりは異常事態で一年で倍近くなっている糸もあり完全に需要が供給を上回りまだまだ糸は上がりそうです。日本の 中にいると繊維産業は斜陽産業に見えますがアジアの中では成長産業であり特にバングラは世界一の繊維工場に近づいていると思います。しかし残念ながら品質 という点ではまだ100点満点とは言えず品質安定にはもう少し時間がかかりそうです。

写真は繊維会社のマネージャーですが見た眼よりも技術はいいものを持っております。弊社の製品を売り込んでいます。

次に住宅事情ですがダッカ市内の土地は今や銀座よりも高いのではないかと言われています。毎年の高騰がすごいとのことです。しかしこれはダッカに限ったことで少し田舎に行けば事情は全然違います。
賃貸マンションはは思ったより安く、ダッカのいい場所で4LDKの大きなアパートでも10万円以下で十分借りることができるそうです。ホテル代が高いのでアパートを借りることも検討して探している最中です。

明日より本格的な仕事に入ります。いつも様に渋滞と戦いながら数時間かけて移動をする予定です。面白い情報があればブログします。

また何か情報がほしい方はご連絡いただければ入手いたしますよ。

  • 1