アスター株式会社・Astir(静岡県浜松市)/ 精密部品洗浄・水素炉、電気炉真空、高温処理等

HOME > アスターブログ

バングラデシュの経験

2016/02/24 | バングラ

バングラデシュにいます。今回の出張は蚊との戦いです。この頃は乾燥しているため、ボウフラがわきやすいのでシャワーの排水溝の穴からたくさん部屋に入ってきて、朝起きると蚊帳の周りに何十匹とわたくしの血を求めて待っています。おそらく100匹以上は仕留めたと思います。



さて、この写真を撮ったのは午後2時過ぎです。お客さんのところへ向かっている最中に空が急に暗くなってきました。


IMG_9939.JPG


そして猛烈な嵐がやってきました。


IMG_9940.JPG

日中なのにこの暗さです。車の前で光っているのは救急車ですが、どうやら動けずに止まっているのです。


そして、少しずつ前の車がUターンし始め状況を見ていると、道路をふさいでいる若者たちが20人ほどいました。 ドライバーは怒り、その若者たちに道をあけるように言うものの、聞く耳をもたず、木のバットのようなもの(クリケットのバット)で車を叩いて壊そうとする仕草も見せたりし始めました。 弊社のバングラデシュ人が状況を聞くと、その工場のオーナーから2か月給料が支払われていない為、警察が来るまで道をふさぐ、と言っているとのこと。皆がみな、常軌を逸しており、すぐにでも殴りかかるような表情を見せて話になりません。


とその時、嵐が到来し、なんとバングラデシュで雹(ひょう)が降り始めました。

この写真はその若者たちが車の陰に隠れて嵐が過ぎ去るのを待っている様子です。もちろんその間も車を動かすことは許されれず・・・


IMG_9941.JPG


少しでも動かそうなら車をバンバン叩いて壊そうとしていました。 この道を進むことを諦めてUターンすると伝えると、Uターンするなら許可するとのことで無事に解放されました。 バングラデシュでたびたび起きるハルタルというストライキで車が破壊されたりしますが、今回は本当に車を破壊されて、けがをするのではないか命を奪われるのじゃないかとも一瞬頭をよぎりました。


道路を平気で逆走し、普通に走ってくる車やバイクに道をあけるように文句を言う、そして自分たちが普通に走っていて逆走してくる車にはなんで逆走してくるんだ、と文句をいうという自己都合最優先のこのバングラデシュ人たち。逆走車に、ものすごい勢いで怒り、その5分後には自分が逆走。 もうよく分かりません・・・ 日本人には理解できません。


嵐が去ったあとは、街中はこんな風になっていました。何名か亡くなられたようです。


IMG_9944.JPG

塩カルの効果を確かめる。2か月後?

2016/02/05 | 取扱商品

昨日は立春でした。

が、まだまだ空気は乾燥していて、グランドの砂ぼこりも舞ってしまっています。


ダストカバー(防塵剤)として撒いた、塩化カルシウム(通称:塩カル)の効果の経過観察報告です。


12月2日に撒いた塩カルですが、2か月以上たった今日、確認してきたところ、効果はまだ続いているようです。

幼稚園の先生もまだ効果継続中と喜んでいました。雨も降り、雪も降ったにもかかわらず、効果の確認はできました。


浜松市内の高校さまからも注文も頂いております。ありがとうございます。



下の写真は1平方メートルに800gと1kg撒いて2か月経ったグランドの様子です。

周りと比べて色が変わったままになっているのが見て分かると思います。


幼稚園.JPG



2月5日.JPG

  • 1